発作がおきたら

  1. Home
  2. 発作がおきたら
  3. 発作がおこったときには

発作がおこったときには

まずは気持ちを落ち着かせて冷静になりましょう。
いつもの発作であれば、担当医師の指示通りに対処し、ケガをしないように注意して見守りさえすれば、あわてることはありません。

発作中に絶対にしてはいけないこと

口にタオルをかませたり、箸を入れたりすると、窒息してしまったり口の中を傷つける恐れがあるので、絶対にしないようにしましょう。

発作中に出来ればやっておきたいこと

衣服をゆるめて、気道を確保してください(下顎挙上など)。吐物による窒息を避けるために横向きに寝かせることも重要です。

けいれんの発作様式や持続時間を記録(携帯電話やスマートフォンの動画が便利)すれば、担当医の先生に見ていただきながら説明できます。

5分前後で救急車を呼ぶか否かを判断しましょう。

以下のような場合は
救急車を呼んでください

  • 5分たっても、発作がおさまらない。
  • 発作が頻発(ひんぱつ)する。とくに意識が回復しないうちに次の発作がおこる。
  • 特に顔色が悪く、呼吸が不規則な状態が続く。
  • 親御さんが対応できない、あるいは不安でどうして良いか分からない場合。

上記のような症状がみられたら、救急車を呼んで冷静に速やかに対処しましょう。 また、病気の状況やかかっている病院を救急隊へも伝えましょう。