幼児期・保育園・幼稚園

Q
この時期に発症するてんかんには、どのようなものがありますか?
A

乳幼児期に発症するてんかんには、良性乳児ミオクロニーてんかん、ウエスト症候群、レノックス・ガストー症候群(LGS)などがあります。

Q
保育園・幼稚園の先生には病気について、どのように伝えたら良いでしょうか?
A

担任の先生に、てんかんのことを正しく理解してもらうことが、第一歩となります。
てんかんは、めずらしい病気ではありませんが、一般の方にはまだ正しい知識が普及していなかったり、「怖い病気」などと誤解されていることも少なくありません。従って、病気の特徴と発作時の対応について以下の点を踏まえてお伝えください。

●病気について

「てんかん」という病名には、その原因や症状、予後や合併症など様々なタイプに基づく診断が含まれます。
一般的な知識は、日本てんかん協会のパンフレットやホームページなどの正しくしっかりした情報が頼りになります。それらを先生に見ていただくことは、良い方法のひとつです。
その上で、お子さんの、発症時期や日常生活で注意していること、どんな薬を内服しているかなどの情報を、担任の先生にお伝えして、コミュニケーションを図りましょう。

●発作について

てんかん発作は、一人ひとり違いがあります。また一般的に発作というと、意識を失い、手足がガクガクする強直間代発作を連想される方も多いと思われます。少しの間だけボーッとする欠神(けっしん)発作や、一瞬ピクッとするミオクロニー発作などは、発作と気づかれにくい場合もあります。ほとんどの発作は数分~数十分でおさまります。
お子さんのもつてんかん発作の様子と発作がおきた時の対応を、予め十分に話し合っておきましょう。

公益社団法人日本てんかん協会

てんかんと向き合うために

Q
ワクチンなどの予防接種は受けても大丈夫でしょうか?
A

現在では最後の発作から2~3か月程度経過している場合で、担当医師から予防接種が問題ないとの説明があれば、積極的に受けることを検討してください。
また、発作が抑制されていない場合や、発熱による発作が誘発されやすい場合には、医師の判断が必要となります。
さらには、ワクチン接種翌日はワクチンによる発熱をはじめとして副反応がみられる場合があるので、接種日を含めて、事前に医師とよく相談することが重要です。