小学生・小学校生活

Q
学校の先生や友達には何をどのように伝えたら良いでしょうか?
A

幼稚園の時と同様に学校の先生に、正しく理解してもらうことが重要です。

●先生に対して

てんかんには様々なタイプや状況がありますので、正しくしっかりした情報を先生に伝えることが最も良い方法です。その上で、お子さんの服薬や日頃の注意点などの情報を、学校の先生にお話して、先生方の理解を深めていただきましょう。
てんかんは、発作の症状や対処方法が人により違います。担当医師から学校の先生方へ発作時の対処方法や学校行事への参加を伝えてもらうのも良い方法です。

てんかんと向き合うために

Q
体育の授業で夏にプールがあります。参加させてよろしいでしょうか?
A

可能な限り参加させることが望ましいです。育ち盛りのお子さんにとって、症状を引きおこしたり悪化させたり、あるいは生命の危険に及ぶ行為以外は日常の生活に制限を加えるべきではありません。
水泳中は概ね適度な心理状態(緊張感)が保たれており、てんかん発作が引きおこされる可能性は低いと考えられます。
しかし絶対に安全とは言い切れませんので、授業中に目を離さず見守ることができれば、プールの授業は可能でしょう。
本人の状態、水泳への理解や運動能力を考えて、指導教員やプール監視員に正しい病気の情報と対処法を伝えておいてください。
プールサイドに上がった後に、緊張がとけて発作がおこるかもしれません。注意が必要でしょう。
また、飛び込みや潜水、海や川での水泳なども安全が確保できないかもしれません。担当医師の指導を仰ぎましょう。

Q
友達とテレビやゲームをしたがりますが、どうしたら良いでしょうか?
A

発作が十分に抑制されていて、以下の条件を満たせば可能です。お子さんにとってテレビやゲームは大きな楽しみになっています。ただ禁止するとストレスを高め、結果的に発作に悪影響を及ぼすかもしれません。
長時間、連続して行うことは避けときどき休憩すること、部屋を明るくしてテレビ画面からは適切な距離を保ち刺激を避けるなど、正しく楽しめるよう日頃から指導しておきましょう。
また就寝前など、睡眠や生活リズムに影響するタイミングでのテレビやゲームは、制限するようにしましょう。

Q
娘が初潮の年頃になります。どのように心構えしておけばよいでしょうか?
A

一般に女性の生理と精神状態には密接な関係があり、健康な女性でも月経時に精神状態が不安定になることは、しばしばあります。てんかん患者さんにとっても、リスクの1つになり得ると言えます。
初潮を機にてんかんの発作が始まったり、生理に関係したタイミングで発作がおこるケースもあるようです。
エストロゲン(女性ホルモン)が発作をおこしやすくするとの説もあります。
お子さんには、生理は“どの女性にもおこること”を教えて、出来る限り不安を取り除いてあげましょう。
できれば、初潮~月経の記録をつけておき、発作がおこってしまったら、担当医師に相談しましょう。